このサイトでは、ブラウザのサポートが制限されています。 Edge、Chrome、Safari、またはFirefoxに切り替えることをお勧めします。

雛人形の横幅は、どのサイズ(大きさ)がおすすめですか?

ひな祭りのお役立ち情報 一覧へ行く


トップ >  おしゃれな雛人形 特集を見る


雛人形の横幅は、どのサイズ(大きさ)がおすすめですか?

雛人形の横幅のおすすめサイズ(大きさ)は・・・?

 

 

※ この記事で記載されているサイズ(大きさ)は、「飾り代のサイズ(横幅)」についてです。

雛人形一体のサイズではありません。雛人形のサイズについては、「雛人形のサイズについて」は、こちらをどうぞ。




-----    目次   -----








歴史の長い雛人形業界のサイズ基準は、尺単位

 

雛人形業界は、歴史が長いです。古くから雛人形業界の製造職人・工程現場がありました。

そのため、表記や規格がcmではなく、「尺(しゃく)」という昔の長さの単位が、使われてきました。

専門的な寸法となりますので難しい説明は割愛しますが、簡単には1尺=30cmと覚えてくだされば宜しいかと思います。

古い業界の全てのサイズの企画は尺の30cm単位が日本には多いです。

 

【余談】


畳のサイズは、約182cm×91cmです。
ベニアのサイズは、3尺×6尺(910mm×1820mm)です。
1坪のサイズは、182cm×182cmで約3.3平方メートルです。

 

もちろん雛人形の全ての規格が、この30cmをベースに出来ています。

 

30cmの2倍が 60cm(2尺)
30cmの3倍が 90cm(3尺)
30cmの4倍が 120cm(4尺)
30cmの6倍が 180cm(6尺)

 

という風に雛人形の大きさ(横幅基準単位)は、決まってきました。

 

ですので、一昔前の雛人形の横幅は、「120cm(4尺)」「105cm(3.5尺)」「90cm(3尺)」が主流でした。

 

 

雛人形 サイズ


コンパクトな雛人形のサイズ表示へと・・・

 

 

今は、サイズ表記がcmと変わってきました。 この、古くからのサイズがベースにありましたが、

時代が進むにつれて生活様式が昔と変化し、マンションなどの狭い空間で暮らす人が多くなりました。

それに従い、雛人形の主流のサイズも小さく変化してきました。

 


今の雛人形の横幅(大きさ)の主流サイズは、40cm〜80cm程度 

 

 

最近では、60cm・75cm・80cmというサイズが主流です。

 

雛人形の人気サイズは、地域性も多少ありますが、全国的には75cmが一番人気です。
(ただ、時代と共に徐々に人気サイズが小さくなっている傾向があり、小さいものでは40cmからあります。)

 

横幅が小さすぎるものを選ぶと、横幅に比例して、雛人形の一体の大きさも小さくなります。


「雛人形自体の大きさも、しっかりとしたものが欲しい」と考える方が多くいらっしゃり、そのニーズを満たしたサイズが、75cmになります。

 

これが75cmが一番人気の理由です。

 

 

横幅サイズ75cmで雛人形を探すと・・・


 

75cmで雛人形を探すと、2つの種類が存在します。

以下からご覧ください。

 

平台飾り(親王飾り・2人飾り)


3段飾り(5人飾り)

 

 


もし、家具の上に雛人形を置きたいと考えている方は、「平飾り(親王飾り【2人飾り】)」がおすすめです。

 

一般的な家庭で使われている家具の奥行きは、45cmのものが多いです。

そのため、2人飾りの雛人形は、なるべく奥行きを45cm以内に収めるように努力し、家具の上に置けるように設計しています。

 

一方、床などの低い場所に置きたい、豪華なものが欲しいという方には、「平飾り(親王飾り・2人飾り)」がお勧めです。

3段飾りの5人タイプは、豪華でインパクトがあります。

その反面、奥行きや高さが大きくなります。
ですので、あまり高いところに飾ることはお勧めできません。

 

 

ちょっとした豆知識

 

 

ちょっとした豆知識ですが、3段飾りのサイズは、横幅、奥行き、高さは殆ど同じ寸法になることが多いです。

 

横幅が、1mでしたら、奥行きも1m、高さも1m。


横幅が、75cmでしたら、奥行きも75cm、高さも75cmとお考えください。

 

具体的には、もう少しサイズが変わってきますが、選び方の参考的なサイズ数値として覚えておいてください。

 

 

  • 横幅 45cmのお雛様も出始めました

 

 

もっとさらにコンパクトなサイズも新開発されております。

当社の方も来年モデルを高品質を残しつつ、コンパクトでおしゃれなお雛様を模索しております。

 

横幅45cmの雛人形

 

 

コンパクトでおしゃれで新しいデザインの雛人形はこちら

 

 

 

  • この記事を読んだ人は、他にもよく見られているお役立ち情報

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

コメントは公開する前に、管理者の承認が必要です


トップ > 雛人形 一覧


「雛人形に関するQ&A」一覧へいく

ひな祭りや、雛人形に関するQ&Aの一覧に戻ることができます。

  • ひな祭りのことで解らない。
  • 雛人形についてもっと知りたい。
  • 飾り方、並べ方、片付け方等
  • 購入のポイント

をご紹介してます。

ご参考になる記事があると思います。

どうぞ、ご覧になってください。

ひな祭りの役立ち情報 一覧へ

雛人形は誰が買う?どちらの親が用意・準備するもの?

初節句が近づいてくると、そろそろ雛人形を準備しなくてはなりません。 そこで問題になるのが、誰が雛人形を準備するのかということです。一般的には夫婦の親が用意すると言われていますが、実際はどちらの親が用意するのが一番のベストなのでしょうか?今回は、そんな疑問について考えてみましょう。

雛祭り・桃の節句に雛人形を日本人が大切にしている理由

日本の桃の節句とひな祭りと雛人形が大切にされる理由 桃の節句とひな祭りは、日本で毎年3月3日に祝われる伝統的な行事です。桃の節句は、女の子の健やかな成長を祈る祭りで、ひな祭りは、雛人形を飾ることで、平和と幸せを願う祭りです。雛人形は、古くから伝わる伝統的な人形で、皇室の衣裳を着た王子と王女の結婚式をイメージしています

雛人形(お雛様)を出す時期・飾る日 いつ頃から飾る?

基本的に雛人形のお値段は決してお安くはなく高額です。しかも雛人形をご用意したときのことを思い出して欲しいのです。 産まれてきたばかりのお嬢さんに健康で健やかに育って欲しい一心で雛人形をお選びなったと思うのです。

桃の節句とは? 飾りや意味や日本の由来を解りやすく説明

桃の節句とは? 飾りや意味や由来を解りやすくご紹介します。 桃の節句は、日本の春の行事の一つで、毎年3月3日に女の子の健康と幸福を願いながら行われます。この行事では、雛人形や桃の花を飾ったり、桃の花を使った料理や菓子を食べたりすることが一般的です。

雛人形のお顔のシミ・汚れの取り方:ひな祭り お手入れ

雛人形のお顔の汚れ落とし方法について解説します。雛人形は日本の伝統的なお人形であり、重要文化財です。長い間展示されていると、お顔にはシミや汚れがついてしまうことがあります。そこで、お顔の汚れをとる方法をご紹介します。

お役立ち情報一覧

雛人形一覧から探す





気に入ったお雛様に、

出会えますように・・・




おしゃれな雛人形 一覧を見る
Zoom おしゃれな雛人形カタログ
Zoom 雛人形の無料カタログ
Zoom ひなせい雛人形カタログ ひなせいの想い
Zoom 雛人形カタログ 素材
Zoom ひなせい雛人形カタログ 優しいお顔

お急ぎの方に簡単なデジタル・カタログ版(PDF形式)もご用意しています。

無料でダウンロードしていただけますので、ぜひご覧ください。

> ダウンロードは、こちら

Our Mission

伝統の匠を後世に残したい

メルマガで「選ぶヒント」をお届け

お得な情報や、お役立ち情報をお届けします。

「お気に入りのおひなさま選び」を知って頂くのもひなせいの役割と思います。


・「ひな人形の選び方・知識」
・「お客様の飾り方事例」
・「お買い得情報」など

あなたのメールボックスにお届けします。

メルマガ会員登録いただきますと、

5〜10%OFFクーポンをプレゼント

お名前、メールアドレスをご登録いただくと入手できます。

読み物としてお役立ちいただけるコンテンツや、最新情報などもお届けします。

カート

これ以上購入できる商品はありません