このサイトでは、ブラウザのサポートが制限されています。 Edge、Chrome、Safari、またはFirefoxに切り替えることをお勧めします。

雛人形の横幅は、どのサイズがおすすめですか?

※ この記事で記載されているサイズは、「飾り代のサイズ(横幅)」についてです。雛人形一体のサイズではありません。雛人形のサイズについては、こちらをどうぞ。


 

雛人形業界は、歴史が長いです。古くからありました。そのため、表記や規格がcmではなく、「尺(しゃく)」という昔の長さの単位が、使われてきました。

専門的な寸法となりますので難しい説明は割愛しますが、簡単には1尺=30cmと覚えてくだされば宜しいかと思います。

雛人形の全ての規格が、この30cmをベースに出来ています。

30cmの2倍が 60cm(2尺)
30cmの3倍が 90cm(3尺)
30cmの4倍が 120cm(4尺)
30cmの6倍が 180cm(6尺)

という風に雛人形の大きさ(横幅)は、決まってきました。

ですので、一昔前の雛人形の横幅は、「120cm(4尺)」「105cm(3.5尺)」「90cm(3尺)」が主流でした。

この古くからのサイズがベースにありましたが、時代が進むにつれて生活様式が昔と変化し、マンションなどの狭い空間で暮らす人が多くなりました。それに従い、雛人形の主流のサイズも小さく変化してきました。

今の雛人形の横幅は、「80cm」「75cm」「60cm」というサイズが主流です。

 

 

雛人形の人気サイズは、地域性も多少ありますが、全国的には75cmが一番人気です。(ただ、段々と人気サイズが小さくなっている傾向があり、小さいものでは40cmからあります。)

横幅が小さすぎるものを選ぶと、横幅に比例して、雛人形の一体の大きさも小さくなります。「雛人形自体の大きさも、しっかりとしたものが欲しい」と考える方が多くいらっしゃり、そのニーズを満たしたサイズが、75cmになります。

これが75㎝が一番人気の理由です。

75㎝で雛人形を探すと、2つの種類が存在します。以下からご覧ください。

> 平飾り(親王飾り【2人飾り】)
> 3段飾り(5人飾り)


もし、家具の上に雛人形を置きたいと考えている方は、「平飾り(親王飾り【2人飾り】)」がおすすめです。

一般的な家庭で使われている家具の奥行きは、45cmのものが多いです。そのため、2人飾りの雛人形は、なるべく奥行きを45cm以内に収めるように努力し、家具の上に置けるように設計しています。

一方、床などの低い場所に置きたい、豪華なものが欲しいという方には、「平飾り(親王飾り【2人飾り】)」がお勧めです。3段飾りの5人タイプは、豪華でインパクトがあります。その反面、奥行きや高さが大きくなります。ですので、あまり高いところに飾ることはお勧めできません。

ちょっとした豆知識ですが、3段飾りのサイズは、横幅、奥行き、高さは殆ど同じ寸法になることが多いです。

横幅が、1mでしたら、奥行きも1m、高さも1m。
横幅が、75cmでしたら、奥行きも75cm、高さも75cmとお考えください。

具体的には、もう少しサイズが変わってきますが、選び方の参考的なサイズ数値として覚えておいてください。

「雛人形に関するQ&A」一覧に戻る

以下のボタンから、「雛人形に関するQ&A」一覧に戻ることができます。

一覧に戻る

カート

これ以上購入できる商品はありません