このサイトでは、ブラウザのサポートが制限されています。 Edge、Chrome、Safari、またはFirefoxに切り替えることをお勧めします。

雛人形は誰が買う?どちらの親が用意・準備するもの?

ひな祭りのお役立ち情報 一覧へ行く


トップ >  おしゃれな雛人形 特集を見る


雛人形は誰が買う?どちらの親が用意・準備するもの?

雛人形は誰が買う?どちらの親が用意・準備するもの?

 

雛人形は誰が買う?

 

お雛様は誰が買うの?
どちらの親が用意・準備するのだろうか?という人には聞けないよくあるご相談です。



-----    目次   -----








雛人形って、誰が買うんだろう? 用意するの?

紅葉の秋が終わり日照時間も減りぐっと寒くなる季節に、年末やお正月の支度に追われることがよくあります。

また、その後の春の到来の3月3日の雛祭りには、初めての初節句を迎える女の子の母親さんのお悩みがあります。

 


それが、「雛人形は誰が用意するものなの?」

 

初節句が近づいてくると、そろそろ雛人形を準備しなくてはなりません。

そこでお悩み、問題になるのが、誰が雛人形を準備するのかということです。

一般的には母親方の親が用意すると言われていますが、実際はどちらの親が用意するのが一番のベストなのでしょうか?

今回は、そんな疑問について考えてみましょう。

 

 

一般的には雛人形は母親方の実家(祖父母)から贈ります。

 

 

 

女の子が生まれた場合、初節句の雛人形は母親の実家が買うのが一般的です。

 

地域の習わしを風習と言いますが、ここでは敢えて一般的な考え方を記載していきますので地域の風習も考慮してお考えくださると幸いです。

 

ひな祭りをご家庭で行う地域の風習が、薄い地域の方もいらっしゃりますので参考にしながらお読みください。

 

「誰が雛人形を買うのか?」の価値観も時代と共にという意識は少しづつ変化しておりますので、ご検討の参考にしてください。

 

 

女性の親が雛人形を用意する理由とは?

 

初節句が近づいてくると、そろそろ雛人形を準備しなくてはなりません。

一般的には、女の子が生まれた場合、母親方の実家(祖父母)が雛人形を贈るのが風習です。

しかし、どちらが用意するかは家庭の事情や状況によって異なるため、一概には言えません。

 

昔の日本では、結婚には嫁ぎ先の家が結納金を、嫁ぐ家が嫁入り道具を、共に用意するのが一般的な習わしでした。

そのため、若夫婦に赤ちゃんが産まれると女の子には雛人形、お宮参りの晴れ着や羽子板を用意しました。

男の子の赤ちゃんには破魔弓、五月人形、鯉のぼりなど、子どもの成長を祈る品のほとんどは母親方の実家(祖父母)が用意するという風習でした。

 

ランドセルや学習机もこの風習で母親方の実家(祖父母)が用意する丁寧な祖父母もいらっしゃいます。

 

このため女性の親が雛人形を用意する理由は、娘が生まれたことを祝い、また娘の幸せを願うという意味合いがあります。

また、嫁ぎ先の家には、娘を大切にしてくれる家族がいることを願い、娘の健康や幸せを願って贈ることもあります。

 

女性の親が用意することで、嫁ぎ先の家族との交流を深めることができ、家族の絆を強める効果もあるとされています。

 

 

現代では、雛人形を買う人は、様々

 

しかしながら、現代では、上記のような風習も変化してきています。
夫婦が共同で用意することも増えてきており、旦那側の実家が用意するケースも増えています。

また、女性の親が用意する理由も、祝い事や願い事の背景にある価値観に沿って変化してきています。

 

 

 雛人形 誰が買う

 

 

最近では、男性側と女性側のご両親との相談し折半して良いものを揃えるというご家族も増えてきております。

雛人形を購入しようと知れば知るほど、高額なお雛様が欲しくなってきてしまうのは、人の当たり前の心理です。

 

況してや、お嬢さんの健やかな成長を願いますと人の欲が出てきてしまうのも仕方のないことなのです。

 

 様々なことを考慮して、ご両家の話し合いのもと折半して良いものを後世に残していくのも一つの考えです。

 


また、羽子板って、何? 誰が買う?

羽子板とは?

お正月に遊ぶ遊び、遊具の一つで、凧揚げと共に有名です。

今は羽子板飾りといって、お遊びではなく女の子のいるご家庭で正月の飾りとして伝統的に用いられ、

家族が一堂に集まり、新年を迎える季節の一部として楽しまれます。

通常、百貨店、専門店、またはオンラインで購入できます。

羽子板飾りは誰が贈るの?

親や祖父母から贈られることも多く、新年を新たな気持ちで楽しむことができます。

金額的にも、2〜3万円程度ですので、初節句を迎えるご家庭の方はご検討ください。

お正月飾りの羽子板飾りを見るには、こちら

 

まとめ



ご家族に授かったお嬢さんの雛人形は、母親側のご両親が嫁を嫁がせたという理由から、母親側のご両親が買う。用意する。

しかし、近年はご両家で折半したり、若夫婦様たちがご自分で購入する傾向も増えております。

地域の風習もございますので、ご両家ご家族とご相談しながらご検討ください。

コメントを残す

コメントは公開する前に、管理者の承認が必要です


トップ > 雛人形 一覧


「雛人形に関するQ&A」一覧へいく

ひな祭りや、雛人形に関するQ&Aの一覧に戻ることができます。

  • ひな祭りのことで解らない。
  • 雛人形についてもっと知りたい。
  • 飾り方、並べ方、片付け方等
  • 購入のポイント

をご紹介してます。

ご参考になる記事があると思います。

どうぞ、ご覧になってください。

ひな祭りの役立ち情報 一覧へ

雛人形は誰が買う?どちらの親が用意・準備するもの?

初節句が近づいてくると、そろそろ雛人形を準備しなくてはなりません。 そこで問題になるのが、誰が雛人形を準備するのかということです。一般的には夫婦の親が用意すると言われていますが、実際はどちらの親が用意するのが一番のベストなのでしょうか?今回は、そんな疑問について考えてみましょう。

雛祭り・桃の節句に雛人形を日本人が大切にしている理由

日本の桃の節句とひな祭りと雛人形が大切にされる理由 桃の節句とひな祭りは、日本で毎年3月3日に祝われる伝統的な行事です。桃の節句は、女の子の健やかな成長を祈る祭りで、ひな祭りは、雛人形を飾ることで、平和と幸せを願う祭りです。雛人形は、古くから伝わる伝統的な人形で、皇室の衣裳を着た王子と王女の結婚式をイメージしています

雛人形(お雛様)を出す時期・飾る日 いつ頃から飾る?

基本的に雛人形のお値段は決してお安くはなく高額です。しかも雛人形をご用意したときのことを思い出して欲しいのです。 産まれてきたばかりのお嬢さんに健康で健やかに育って欲しい一心で雛人形をお選びなったと思うのです。

桃の節句とは? 飾りや意味や日本の由来を解りやすく説明

桃の節句とは? 飾りや意味や由来を解りやすくご紹介します。 桃の節句は、日本の春の行事の一つで、毎年3月3日に女の子の健康と幸福を願いながら行われます。この行事では、雛人形や桃の花を飾ったり、桃の花を使った料理や菓子を食べたりすることが一般的です。

雛人形のお顔のシミ・汚れの取り方:ひな祭り お手入れ

雛人形のお顔の汚れ落とし方法について解説します。雛人形は日本の伝統的なお人形であり、重要文化財です。長い間展示されていると、お顔にはシミや汚れがついてしまうことがあります。そこで、お顔の汚れをとる方法をご紹介します。

お役立ち情報一覧

雛人形一覧から探す





気に入ったお雛様に、

出会えますように・・・




おしゃれな雛人形 一覧を見る
Zoom おしゃれな雛人形カタログ
Zoom 雛人形の無料カタログ
Zoom ひなせい雛人形カタログ ひなせいの想い
Zoom 雛人形カタログ 素材
Zoom ひなせい雛人形カタログ 優しいお顔

お急ぎの方に簡単なデジタル・カタログ版(PDF形式)もご用意しています。

無料でダウンロードしていただけますので、ぜひご覧ください。

> ダウンロードは、こちら

Our Mission

伝統の匠を後世に残したい

メルマガで「選ぶヒント」をお届け

お得な情報や、お役立ち情報をお届けします。

「お気に入りのおひなさま選び」を知って頂くのもひなせいの役割と思います。


・「ひな人形の選び方・知識」
・「お客様の飾り方事例」
・「お買い得情報」など

あなたのメールボックスにお届けします。

メルマガ会員登録いただきますと、

5〜10%OFFクーポンをプレゼント

お名前、メールアドレスをご登録いただくと入手できます。

読み物としてお役立ちいただけるコンテンツや、最新情報などもお届けします。

カート

これ以上購入できる商品はありません