このサイトでは、ブラウザのサポートが制限されています。 Edge、Chrome、Safari、またはFirefoxに切り替えることをお勧めします。

雛人形のQ&A

お内裏様とお雛様は、左右どちらに飾る?

そろそろ雛人形を飾ろうといざ出してはみたものの、「お内裏様とお雛様、左右どっちだっけ?」「友達のところに行けば左右反対に飾っているし、ご家庭それぞれで違うのかな?」と迷ったことはありませんか。全国的に販売されている雛人形の九割ほどが関東雛と言います。その場合は、向かって左側にお内裏様(男雛)、右側にお雛様(女雛)を飾ります。ひなせいの雛人形も関東雛です。残りの一割は京雛と言い、左側ににお雛様(女雛)、右側にお内裏様(男雛)を飾ります。以下では、京雛についてご説明します。 京雛とは? 京雛とは、京都で作られたひな人形ことを京雛と言います。江戸幕府が誕生する以前は、日本の文化の中心が京都か奈良でした。雛人形の文化も京都中心の考え方です。この時代は、お殿様が向かって右。お姫様が向かって左に着座していたのです。この違いが生まれたのには諸説ありますが、関東雛は大正天皇の即位礼のとき洋装の天皇陛下が西洋文化に習い、皇后陛下の右に立たれたことからこの風習が広まったと言われています。現在の結婚披露宴の雛壇も同様の並びになりますね。京都で作られるお雛様、いわゆる京雛はそれまでの日本本来の並び方のままとなっています。未だに頑なに、歴史のままに飾る京都ならではの考え方なのです。その頑なさが、京人形というブランドを作っているのも事実です。しかしながら地域、風習等にもよりますのでこの並び方が絶対ではありません。毎年雛人形を飾り、女の子の成長や幸せを願う。 そして、楽しいひな祭りを過ごしていただくことが一番かと思います。

雛人形の収納の仕方(しまい方)

雛人形の収納の仕方(しまい方)について説明します。 まず、お家の中で雛人形を収納するスペースを作りましょう。お雛様だけでなくお飾りや台屏風などもありますので、収納する箱は何個かできてしまいます。場所を確保するのもタイヘンですね。 何とかその場所を確保したらまずお掃除を!埃や湿気は取り除いておきましょう。しまったら次に出すのは一年後ですので念入りに。 お掃除が済んだらいよいよ雛人形に入りましょう。布用の手袋をはめて行うといいですね。 まず、雛人形やお道具についた埃を取り払います。購入した時にお人形屋さんから頂くことがあるかと思いますので、そちらを使って念入りに落としましょう。汚れがついていた場合は、やわらかい布で優しく取って下さい。 それが済んだら、お雛様たちのお顔にカバーを被せます。ティッシュペーパーなどの柔らかい紙で優しく包んで下さい。 そしてお人形が入っていた箱に収納します。無理やり重ねてしまいますと着物が型崩れしやすくなりますのでご注意を。箱の中でお人形が動かないように詰め物をして固定します。 お内裏様・お雛様の二人を収納する場合はこのように収納してください。     うまく収納できないという時はお内裏様を寝かせて収納してください。     官女も含め5人のお人形様を収納するときはこのように、官女を寝かせて収納してください。   ここで忘れずに防虫対策を!! お人形に触れない場所に薬剤を適量入れて下さい。お道具類や台屏風も入っていた箱に納めます。 匂いがあるタイプ 匂いがないタイプ   収納場所は、直射日光の当たらない、風通しの良い場所がベスト! また一年後に会える事を楽しみにしまいましょう。

雛人形の魅力とは?

大切な娘さん、お孫さんの為に探している雛人形。長い間大切にするものだから、私たちを魅了しくれる美しいお雛様に出会いたいですよね。雛人形が私たちを魅了してくれる、魅力をいくつかのポイントに分けて、お伝えします。 美しさが一番現れるのは、着物の仕立て 職人に「雛人形の美しさが一番現れる場所は、どこですか?」と質問をしたら、着物の仕立てに注目してくださいと言われます。 雛人形の仕立ての良さを感じるには、背面側を見るのが分かりやすいです。仕立てが美しいお雛様は、着物が綺麗に段々と広がっています。いくつか雛人形を見比べると、素人が見てもすぐに分かります。 美しい仕立てのお雛様は、きっとあなたを魅了してくれるはずです。 着物の仕立てについて、詳しくはこちらをご覧ください。 > 最高級の仕立ての雛人形は、こちら 雰囲気のある台・屏風 素敵な雛人形に出会いたいのであれば、おひな様を飾る台にも注目する必要があります。当社の飾り台は、古民家調をイメージした台・屏風木目に仕上げています。木目がしっかりと出て、落ち着いた雰囲気演出してくれます。 1つ1つ手作りで、木目の出方も1つ1つ違いますので、自分だけのお雛様という特別感を感じさせてくれるのではないでしょうか。 天然の杉材にこだわる! 天然の杉材にこだわっているので、大量生産は出来ません。ですが、大量生産が出来ないからこその魅力ある高級感を味わうことが出来るのです。 是非、この高級感を味わっていただきたいです。 作る職人の目 ひなせいでは、職人が雛人形を一体一体手作りで作っています。職人の手と目で良し悪しをしっかりと確かめて、商品にしています。そのため、とても時間と手間が掛かってしまいますが、最高のひな人形を皆様にお届けしたいと思っており、こだわっています。心を込めたお雛様でお祝いをして頂けることが私たちの幸せです。

雛人形の横幅は、どのサイズがおすすめですか?

※ この記事で記載されているサイズは、「飾り代のサイズ(横幅)」についてです。雛人形一体のサイズではありません。雛人形のサイズについては、こちらをどうぞ。   雛人形業界は、歴史が長いです。古くからありました。そのため、表記や規格がcmではなく、「尺(しゃく)」という昔の長さの単位が、使われてきました。専門的な寸法となりますので難しい説明は割愛しますが、簡単には1尺=30cmと覚えてくだされば宜しいかと思います。 雛人形の全ての規格が、この30cmをベースに出来ています。30cmの2倍が 60cm(2尺)30cmの3倍が 90cm(3尺)30cmの4倍が 120cm(4尺)30cmの6倍が 180cm(6尺) という風に雛人形の大きさ(横幅)は、決まってきました。 ですので、一昔前の雛人形の横幅は、「120cm(4尺)」「105cm(3.5尺)」「90cm(3尺)」が主流でした。この古くからのサイズがベースにありましたが、時代が進むにつれて生活様式が昔と変化し、マンションなどの狭い空間で暮らす人が多くなりました。それに従い、雛人形の主流のサイズも小さく変化してきました。今の雛人形の横幅は、「80cm」「75cm」「60cm」というサイズが主流です。     雛人形の人気サイズは、地域性も多少ありますが、全国的には75cmが一番人気です。(ただ、段々と人気サイズが小さくなっている傾向があり、小さいものでは40cmからあります。) 横幅が小さすぎるものを選ぶと、横幅に比例して、雛人形の一体の大きさも小さくなります。「雛人形自体の大きさも、しっかりとしたものが欲しい」と考える方が多くいらっしゃり、そのニーズを満たしたサイズが、75cmになります。 これが75㎝が一番人気の理由です。 75㎝で雛人形を探すと、2つの種類が存在します。以下からご覧ください。 > 平飾り(親王飾り【2人飾り】)> 3段飾り(5人飾り) もし、家具の上に雛人形を置きたいと考えている方は、「平飾り(親王飾り【2人飾り】)」がおすすめです。 一般的な家庭で使われている家具の奥行きは、45cmのものが多いです。そのため、2人飾りの雛人形は、なるべく奥行きを45cm以内に収めるように努力し、家具の上に置けるように設計しています。 一方、床などの低い場所に置きたい、豪華なものが欲しいという方には、「平飾り(親王飾り【2人飾り】)」がお勧めです。3段飾りの5人タイプは、豪華でインパクトがあります。その反面、奥行きや高さが大きくなります。ですので、あまり高いところに飾ることはお勧めできません。 ちょっとした豆知識ですが、3段飾りのサイズは、横幅、奥行き、高さは殆ど同じ寸法になることが多いです。 横幅が、1mでしたら、奥行きも1m、高さも1m。横幅が、75cmでしたら、奥行きも75cm、高さも75cmとお考えください。 具体的には、もう少しサイズが変わってきますが、選び方の参考的なサイズ数値として覚えておいてください。

カート

これ以上購入できる商品はありません