このサイトでは、ブラウザのサポートが制限されています。 Edge、Chrome、Safari、またはFirefoxに切り替えることをお勧めします。

お雛様 雛人形と共に育んでいく家族愛

ひな祭りのお役立ち情報 一覧へ行く


トップ >  おしゃれな雛人形 特集を見る


お雛様 雛人形と共に育んでいく家族愛

お雛様 雛人形と共に育んでいく家族愛

ひな祭りで、家族の愛を育む


ご家族がひな人形で伝えるべき、本当の理由(わけ)とは・・・?


これからの時代に重要なことなのです!

冬とは、とても寒い日々が続きますが、あなた様ご家族の皆様はいかがお過ごしでしょうか?

そして、お嬢様、お孫様は初めてのこの一番寒い季節を過ごし、次に訪れる暖かい陽気の春を雛人形と共に、感じていくのでしょうね。

この四季折々の季節を味わう心が、日本の情緒です。

これからの子供たちに残してあげたい日本の風情でもある、とそう願っております。

今、私たち日本人はとても豊かになりました。便利になりました。

どこに、行っても、いつ行っても、モノは手に入ります。
   
反対に残念な事なのですが、その分モノの価値(本質)を伝えていかなくてはいけない時代でもあるのです。

テレビ、ゲーム、インターネット、携帯電話・・・
   
確かに、数年足らずの間に、めまぐるしく私たちの生活が変化しています。
ここで、私は思うのです。

   

豊かさ

この物質の豊かさ、便利さで満たされてしまっている日本人。

「本当は、心のどこかで寂しくはなっているのではないか?」と・・・

豊かで、便利な分だけ、
「家族の一番の弱者に犠牲が出てしまっているのではないか?」と・・・

「ひきこもり」や「うつ病」。
誰が、作り上げたものでもありません。
   
誰が、悪いという訳でもありません。

実は、モノの豊かさ上に、出てきてしまった現代人のひず歪みなのです。
余りにも、モノ、情報がはびこ蔓延ってしまい
   
物事の本質が伝わっていないのです。


ひな祭りはなんなんでしょうか?

では、ひな祭りはなんなんでしょうか?
雛人形とは、なんなのでしょうか・・・?と、問いた時、私はこう答えます。
   
毎年のひな祭りは、家族がお譲さんを中心に家族のきずな絆、家族の愛を深めお譲さんのこころに「愛されている。」と感じてもらうこころの学びの行事なのです。

こんな時代だからこそ、子供には、あえて こころの豊かさの教育という栄養剤を補ってあげないといけない時代が、今まさに来ているのです。

今は家族の一番の弱者ですが、その子の目線で感じます。
気付きます。

そして、大きく育ち、次の時代の日本を作り上げていきます。
こんな人というサイクルは、今も昔も何一つ変わらないという事なのです。

最後になりましたが、お父さん、お母さん!

ひな祭りという体験(経験)を通して、お譲さんに教えていってもらいたいのは こころの豊かさ なのです。

静岡県藤枝市 お人形のひなせい 代表 青木健明





コメントを残す

コメントは公開する前に、管理者の承認が必要です


トップ > 雛人形 一覧


「雛人形に関するQ&A」一覧へいく

ひな祭りや、雛人形に関するQ&Aの一覧に戻ることができます。

  • ひな祭りのことで解らない。
  • 雛人形についてもっと知りたい。
  • 飾り方、並べ方、片付け方等
  • 購入のポイント

をご紹介してます。

ご参考になる記事があると思います。

どうぞ、ご覧になってください。

ひな祭りの役立ち情報 一覧へ

ひな祭りの歌の紹介

現代においても、「雛祭りの歌」は変わらず多くの家庭で親しまれ、次世代にも受け継がれています。このような文化的な行事と歌が、日本人の心に深く根付いており、家族の絆を深める重要な役割を果たしています。雛祭りを通じて、家族の絆と伝統の大切さを感じることができるでしょう。

雛人形の正しい供養 処分の仕方 ひな祭りのお雛様

雛人形は、送り手の健やかな成長を願う大切なメッセージが込められた贈り物です。家族の思い出とともに長年見守ってくれたお雛様を感謝の気持ちを持って手放すことは、送り手への敬意を表す重要な行為です。供養を行い、適切に処分することで、その感謝の気持ちを形にすることができます。

ひな祭り なぜ?旧暦の4月3日の地域もある理由

春の農業が忙しくなるため 実際には日本には旧暦という暦があり、この暦を使用する地域では、3月3日という日付が違う場合があります。旧暦の3月3日は、太陽暦の4月3日に相当するため、4月3日にひな祭りを祝うことがあるのです。

日本の桃の節句とは? 飾り・意味・由来を解りやすく説明

桃の節句とは? 飾りや意味や由来を解りやすくご紹介します。 桃の節句は、日本の春の行事の一つで、毎年3月3日に女の子の健康と幸福を願いながら行われます。この行事では、雛人形や桃の花を飾ったり、桃の花を使った料理や菓子を食べたりすることが一般的です。

雛祭りとは?何をしようかな?日本の歴史から楽しみ方を知る

雛祭りは、3月3日に行われるため、春の訪れを告げるお祭りでもあります。日本の春は、桜の花が咲くことで有名ですが、雛祭りでも春の花である桃の花を飾ることが一般的です。また、特別な料理である菱餅やちらし寿司を食べることも毎年の家族のひな祭りというイベントの楽しみの一つです

雛人形(お雛様)を出す時期・飾る日 いつ頃から飾る?

この「立春」と春のお祭り「雛祭り」 「一年の計は始まりにあり」と言われるように、 春は新しい生活のスタートでもあり 最も大切にしたい時期だと個人的には思います。 そんな「立春」から「ひな祭り」という大切な季節が重なり合う時、 「お嬢様・お孫さんの成長を見守るお雛様を飾りご家族でお祝いをする。」 ということが、 お雛様にとっては、一番幸せで嬉しく思ってくれることでしょう。

ひな祭りの雛人形は何歳まで飾るの?・いつまで出すの?年齢は?:お雛様

「ひな祭りの雛人形はいつまで飾る?」は、ご家庭の方の雛人形に対する価値観で長くもなりますし、短くもなります。雛人形は、女の子の成長を祝福する素晴らしい伝統文化であり、家族や地域の絆を深める大切な行事でもあります。そのため、ご家庭の習慣や価値観に合わせて、大切に扱っていただきたいと思います。

お役立ち情報一覧

雛人形一覧から探す





気に入ったお雛様に、

出会えますように・・・




おしゃれな雛人形 一覧を見る
Zoom おしゃれな雛人形カタログ
Zoom 雛人形の無料カタログ
Zoom ひなせい雛人形カタログ ひなせいの想い
Zoom 雛人形カタログ 素材
Zoom ひなせい雛人形カタログ 優しいお顔

お急ぎの方に簡単なデジタル・カタログ版(PDF形式)もご用意しています。

無料でダウンロードしていただけますので、ぜひご覧ください。

> ダウンロードは、こちら

Our Mission

伝統の匠を後世に残したい

カート

これ以上購入できる商品はありません

RuffRuff App RuffRuff App by Tsun