雛人形のトップ  > 立雛の一覧 > お手頃の立雛
a:5008 t:5 y:14

優しいお顔の立雛 かな

手頃な立雛
最近人気の出ている立雛です。
現在は座り雛のほうが主流ですが、もともとひな人形はこちらの形が本来のものです。
自社工房作成のため、お手頃な価格で提供することができました。

昔ながらの衣装

素敵なおひな様で立雛

女の子の厄除けとして使われていた人形は、もともと「形代」という紙で、人が立っている形のものでした。
紙人形で体をぬぐい、病や悪運の「けがれ」を移したあと、川に流して健康と幸せを祈ったものです。
その後、貴族の女の子が雛人形として春の節句に人形を使ったひな遊びをするようになりました。
座り雛になったのは江戸時代からのことです。

ピンクのファンデーションが塗ってあって綺麗

小さくて可愛い立雛

お顔が命の立雛

こだわりの表情

お勧めな立雛


凛々しいお殿様

3月人形

優しいお顔の立雛

華やかな表情

ピンクのファンデーション

素敵と褒められる


素敵な衣装

古風で落ち着きがある

昔ながらの古風な
立雛のおひな様の魅力は、流れるような着物の動きが感じ取れるところです。
流れるような衣装
春の花の色をいただいた重ねの着物の上に、刺繍を織り出した白いお着物を重ねました。
色合いの綺麗な衣装
長寿と健康、二人いつまでも仲良くという意味を持つ鶴が、立ち姿をあでやかにいろどります。

一目惚れする立雛

二羽の鶴
一番上のお着物には二羽の鶴を織り出しました。
あでやかな召し物
平安時代の貴族のお姫様が歩く、その美しい後姿を味わうことができるのは立雛だけです。


かなの殿

雛人形

地紋を施した着物
地紋を施したお着物に、金糸を使って紋を浮かび上がらせました。
金糸を使う

遊び心のある布地
儀式用ではない、遊び心のある布地を使うことによって雛人形の仲の良さを表しています。
凛々しい

細部まで手の込んだ作り
座っているとわかりにくい、立ち姿のりりしさと若々しさの味わえるひな人形につくりしました。



どこを見ていただいても良い、たとえお子様が飾るときにひっくり返してみてもかまわない、
細部まで手の込んだ作りは、自社工房だからこそのこだわりです。

自社の工房で作られているので、豪華なのですがお手頃という価格を実現できました。


お道具

まお立びなの道具

キレイな道具

こだわりの一品

手を抜かない作り

製造もしっかりで手頃

可愛い花



屏風

お手頃かな雛
間口60cmの台。屏風を設置しますと高さは45cm程になります。

場所を選ばない

一年中飾って

場所を選ばないので、どこにでも置いていただけます。
インテリアのように一年中飾っていらっしゃるお客様もいらっしゃるそうです。

金の屏風
金の屏風には、後ろに一面の花とお屋敷を描き出しました。
そぞろ歩きをしているさま

優雅に仲良く
春霞たなびく良き日に、春の光に包まれてそぞろ歩きをしているさまを描いたものです。
春の屋敷と桜をバック

一説によると、江戸時代以降の座り雛は宮中の儀式のときの天皇・皇后を表したもの、
立雛は天皇・皇后が優雅に仲良く外歩きをしているさまを表したものだといわれています。

春のお屋敷と桜をバックに、仲良くそぞろ歩きをしているさまが目に浮かぶような立雛です。

【こんな方にピッタリです】
[check]伝統的な日本古来の立雛をお探しの方。
[check]「お子様が大きく育ってからひな人形の由来を考えるようになってほしい
そこに込められた親や祖父母の気持ちを知ってほしいと思っている方。」
[check]「重厚感のある立雛をお探しの方。」
[check]「豪華だけれどお手頃なたち雛をお探しの方。」

ご購入はこちらのボタンから

商品詳細

商品名:かな雛

タイプ:立ち雛タイプ

価格:108,000円(税込み)

サイズ:間口60cm × 奥行き40cm × 高さ45cm

付属品:被布着、オルゴール、毛せん、はたき



※掲載内容につきまして
お写真とは、多少 柄の出方が違う場合がございます。