このサイトでは、ブラウザのサポートが制限されています。 Edge、Chrome、Safari、またはFirefoxに切り替えることをお勧めします。

お内裏様とお雛様は、左右どちらに飾る?

お内裏様とお雛様は、左右どちらに飾る?

そろそろ雛人形を飾ろうといざ出してはみたものの、

「お内裏様とお雛様、左右どっちだっけ?」
「友達のところに行けば左右反対に飾っているし、ご家庭それぞれで違うのかな?」

と迷ったことはありませんか。
 

  • 殆どは、向かって左側にお内裏様(男雛)、右側にお雛様(女雛)

お内裏様とお雛様は、左右どちらに飾る

 

全国的に販売されている雛人形の九割ほどが関東雛と言います。
その場合は、向かって左側にお内裏様(男雛)、右側にお雛様(女雛)を飾ります
ひなせいの雛人形も関東雛です。

残りの一割は京雛(京びな)と言い、左側ににお雛様(女雛)、右側にお内裏様(男雛)を飾ります

以下では、京雛についてご説明します。

  •  京雛(京びな)とは?

京雛(京びな)とは、京都で作られたひな人形ことを京雛と言います。

京都での雛人形の重要性

江戸幕府が誕生する以前は、日本の文化の中心が京都か奈良でした。

そのために京都には、今も多くの歴史的な建造物や文化的な財産があります。

雛人形の文化の発祥も京都ということで、京都中心の考え方です。

雛人形の飾り方は、京都の文化的な遺産の一つであり、京都の人々にとっては非常に重要な行事です。

京都では、3月3日に雛祭りが開催され、その時期には多くの家庭で雛人形が飾られます。雛人形は、日本の文化において重要な役割を果たしています。


京都が日本の中心となっていた時代は、お殿様が向かって右。
お姫様が向かって左に着座していたのです。

この違いが生まれたのには諸説ありますが、関東雛は大正天皇の即位礼のとき洋装の天皇陛下が西洋文化に習い、皇后陛下の右に立たれたことからこの風習が広まったと言われています。

現在の結婚披露宴の雛壇も同様の並びになります。
 

京都で作られるお雛様、いわゆる京雛(京びな)はそれまでの日本本来の並び方のままとなっています。
未だに頑なに、歴史のままに飾る京都ならではの考え方なのです。

その頑なさが、京人形(京びな)というブランドを作っているのも事実です。

つまり、要約しますと・・・。
 

京都で製作された京雛(京びな)の並べ方・飾り方とは?

 京都で製作された京人形作家の雛人形(京雛)の並べ方・飾り方は、

今の現代社会でも

京雛(京びな)の並べ方は、お殿様が向かって右。お姫様が向かって左。
が、習わしとなっております。


しかしながら地域、風習等にもよりますのでこの並び方が絶対ではありません。
毎年雛人形を飾り、女の子の成長や幸せを願う。 

  • お内裏様とお雛様は、正式にはどの人形を言っているの?

一般的には、お雛様とはご家庭の三月三日でひな祭りにお祝いする雛人形飾りの全て揃った全体の1セットを指します。
その中には、お人形を含め、ぼんぼりであったり丸餅・菱餅の部品等を含めた全体を表しております。

それぞれのご家庭には、それぞれの人数のお雛様がご用意されていると思います。

お殿様とお姫様の二人だけであったり、3段飾りの三人官女付きの五人飾りであったり、豪華な十五人の7段飾りであったりします。

それぞれの雛人形が、ご家庭のお嬢さんのご成長を見守る大切なお雛様です。

一方、お内裏様とは?どの部分を名称しているのでしょうか?

お内裏様って、お殿様のことを指しているのではないの?
こんな疑問符がよく寄せられます。
これには、長年の日本の歴史と言葉の認識、言葉の定義が多く関わってきます。

お内裏様の読み方なんて読むの?

お内裏様は、「おだいりさま」と読みます。

 

<Wikipediaより引用>

内裏(だいり)とは、古代都城の宮城における天皇の私的区域のこと。御所(ごしょ)、禁裏(きんり)、大内(おおうち)などの異称がある

 

雛人形のお内裏様とは?正式には男雛のお殿様と女雛のお雛様の二人のことを指しております。
童謡の歌では「お代理さ〜まに、お雛さま〜・・・」という歌がありました。

しかし、実はこの歌の名称・言い回しが当時間違っておりましたが、歌が持つ人気や伝達力は時代を超えてももの凄く、今の後世に連り継がれて今の複数な認識となっております。

私個人的には、お内裏様とお雛様の
言葉の認識、言葉の定義は人それぞれが持つ認識で意見を交換する気はありませんので、一応正式にはという言葉で治めておりますます。

言葉の定義・認識とは時代を超えて変化するものと思ってますし、これが文化と認識しております。

何よりも、楽しいひな祭りを過ごしていただくことが一番かと思います。

楽しい初節句 ひな祭り

  • 他にもよくある質問をご参考ください。

 雛人形の部品パーツの順番や左右

雛人形をいざ飾ろうと思ったら、お雛様の脇の部品の配置や官女の順番がわからない。
なんていうことありませんか?雛人形の飾り方や並べ方や順番を解説します。


お雛様の飾り方にちょっと不安な時には、以下をクリックししてご確認ください。

具体的な飾り方を写真付きで解説しております。

雛人形(お雛様)を出す時期、飾る日は?

早くお雛様を飾りたいのですけど、どんな時期が良いのでしょうか?
絶対だけな日には飾りたくはないですし、だけど娘のお祝いを長く飾ってあげたいのである程度の常識の範囲で知りたいようでしたら解説します。

雛人形 (お雛様)の飾る場所と向き・方角を知る

雛祭りとは?何をしようかな?楽しみ方を知る

「初めてのひな祭り」初節句のお祝いは何をどうする?

雛祭りのトレンド:日本の季節感を味わえて、良い事だらけ

雛人形の今どきのデザイン!最新トレンドから素材・色使いまで

雛人形はいつまで、何歳まで飾るの?年齢は?

雛人形をいつ頃から片付ける?

お雛様の片付け方法保管場所

雛人形を飾る並べる設置場所について

 

お雛様の意味・役割とは何? 

日本の文化にひな祭りでお祝いする文化が、昔からあります。
しかし、なぜ雛人形という人形なのだろうか?お雛様の意味や役割を知りたい方は、以下をクリックしてください。

おすすめでモダンな雛人形が今人気です

雛人形に対する日本人の心は変わりはしませんが、飾るお雛様が徐々にコンパクトで手のかかったおしゃれな感覚のお雛様に人気が集中してしてきております。

作り手の職人の技と魂、そして娘を想う日本人の心を後世に伝えます。

このトレンドなお雛様の技がこもった雛人形を一度ご覧になってください。

コメントを残す

コメントは公開する前に、管理者の承認が必要です

「雛人形に関するQ&A」一覧に戻る

以下のボタンから、雛人形に関するQ&Aの一覧に戻ることができます。

一覧へ戻る

雛人形のお顔のシミ・汚れの取り方:ひな祭り お手入れ

雛人形のお顔の汚れ落とし方法について解説します。雛人形は日本の伝統的なお人形であり、重要文化財です。長い間展示されていると、お顔にはシミや汚れがついてしまうことがあります。そこで、お顔の汚れをとる方法をご紹介します。

雛人形を選ぶ前・購入前に知りたい、お雛様の種類とは?

雛人形を選ぶ前・購入前に知りたい、お雛様の種類とは? お雛様は、女の子の成長をお祝いする日本の春の風物詩として、日本全国で広く親しまれています。 雛人形のカンタンな歴史日本のお雛様は、平安時代に遡ります。当時の貴族たちは、紙で作った細かな人形を飾り、春の訪れを祝っていました。 これが、現在のお雛様の原型となりました。 お雛様は、日本の歴史や文化・美意識が反映された美しいデザインや様々な種類の人形で構成されています。 雛人形の利用され方   雛人形は、お内裏様のペアのお雛様・家族や子供を表す雛人形・地方の特産品をモチーフにした雛人形など、様々な種類があります。 衣装着の雛人形は、お雛様の中でも最も一般的なタイプであり、宮中の女性の装いを模した着物を着用しています。 一方、お内裏様のペアセットは、天皇とその妃を表しており、お雛様の中で最も重要な存在です。 家族や子供を表す雛人形は、家族や親子の絆や幸せな家庭を祝うために使われます。 地方の特産品をモチーフにした雛人形は、地域の文化や伝統を伝えるとともに、個性的なインテリアとしても楽しむことができます。 雛人形の着せ付けの技法は2種類:衣装着と木目込み人形 衣装着と木目込み人形は、それぞれが異なる特徴と美しさを持っています。 衣装着は実際の着物の美しさを再現しています。 一方、木目込み人形は木の風合いと職人の技術を楽しむことができます。 どちらの種類の雛人形も、日本の伝統的な美意識や職人の技術が反映されており、特別な場での飾りやコレクションとして価値があります。 選ぶ際には、自身の好みや目的に合わせて、その美しさと独自性をお楽しみいただければと思います。 衣装着の特徴 衣装着(いしょうぎ)は、実際の着物や装束を着せた雛人形のことです。 この種類の雛人形は、伝統的な着物や帯、小物類などを再現するために細部までのディテールにこだわります。 衣装は手縫いされ、金や銀の刺繍や繊細な柄が施されることもあります。 また、帯や小物類も実際のものと同様に細部まで作り込まれています。衣装着の雛人形は、そのリアリティと美しさから、贈り物や特別なお祝いの場で重宝されます。 特に結婚式や子供の誕生などの大切なイベントには、衣装着の雛人形が選ばれることが多いです。 衣装着の雛人形のお顔の特徴: 衣装着の雛人形は、お人形の顔がリアルに表現されることが一般的です。以下に一般的な衣装着の雛人形のお顔の特徴を挙げます。 目: 目は細かく描かれ、まつ毛や瞳の輝きがリアルに表現されています。瞳の色や形も多様であり、職人の技術や作品のテーマによって異なるデザインがあります。 口: 口は微笑みや穏やかな表情が特徴的です。リアルな唇の形状や色調が表現されており、優雅な印象を与えます。...

雛人形は何を表しているの?歴史的文化から解説します。

雛人形のお内裏様の男雛は結婚する男性を、お姫様の女雛は結婚する女性を表します。また、「三人官女」はお姫様のお世話係で、「五人囃子」と呼ばれる人形は、五人の男性が楽器を演奏する様子を表現したもので、結婚式を盛り上げたとされています。

雛人形に込められた意味・役割・お役目・思いは?

雛人形には、以下のような意味・役割・お役目・思いが込められています。 健やかな成長と幸せな結婚を願う 厄除けの役割を持ち、悪いことから守る 季節感を感じさせ、春の訪れを告げる 歴史や伝統を感じさせる 家族の絆を深める、家族が集まる機会を作る

お役立ち情報一覧

Zoom おしゃれな雛人形カタログ
Zoom 雛人形 カタログ資料請求
Zoom ひなせい雛人形カタログ ひなせいの想い
Zoom 雛人形カタログ 素材
Zoom ひなせい雛人形カタログ 優しいお顔

お急ぎの方に簡単なデジタル・カタログ版(PDF形式)もご用意しています。

無料でダウンロードしていただけますので、ぜひご覧ください。

> ダウンロードは、こちら

Our Mission

伝統の匠を後世に残したい

メルマガで「選ぶヒント」をお届け

お得な情報や、お役立ち情報をお届けします。

「お気に入りのおひなさま選び」を知っていただくのもひなせいの役割と思っております。
雛人形工房ならではのメルマガを送らせていただきます。
・「ひな人形の選び方」
・「ひな人形の知識」
・「お客様の飾り方事例」
・「お買い得情報」などを定期的に、あなたのメールボックスにお届けします。

メルマガ会員登録いただきますと、

5〜10%OFFクーポンをプレゼント

お名前、メールアドレスをご登録いただくと入手できます。

読み物としてお役立ちいただけるコンテンツや、最新情報などもお届けします。

カート

これ以上購入できる商品はありません