戻る > 雛人形のトップ > ひなせいの匠

匠の雛人形こそ今の時代に!

a:302 t:1 y:0

ひなせいはモノ作りをしながら、雛人形を販売していく会社なのです。
工房も持っており、雛人形を販売をしている製造、販売会社だから匠な製品が数多くあるのです。

そんな製造地も、あまり都心部、都会に置いていないが為に固定費が掛からないようにしているのです。

製造、製作は、地方都市で行うのが得策なのです。

目指すものは皆の喜び

製作工房では、皆がやりたがらない特殊で複雑な製作を行うようにしているのです。

数多くは作れない天然の素材を使った古民家調の平台・屏風。
自然の素材の分だけ、コストがかかっているのですが、とっても独特な味付けの雰囲気のひな人形となるのです。

こんな日本らしい味付けのひな祭りでしたら、満足してしまうのではないのかな?
これこそ、喜んでくれる人のために匠なモノ作りが出来るのです。

お雛様の柄選びだって得意中の得意なのです。

工房ではあんな、こんなのアイデアが数多く飛び出してきて毎年少しづつ形にしているのが、現状なんです。

ですが、これまた喜んでくれる人のために作りこんでいくのです。

まだまだ、永遠に匠の進化は必要なのです。