戻る > 雛人形のトップ > 質感たっぷり

質感ある雛人形だから人気なの!

a:266 t:2 y:0

細かな所まで手を加えることによって、高級感あふれるモノ作りを目指しているのです。

雛人形の販売は寒くなった冬に始まるのですが、工房は夏でも製造をコツコツしていかなくては間に合わないのです。
このコツコツしたモノ作りが、質感たっぷりの雛人形となっていくのです。

手をかける製造とは、どうしても時間がかかっていくのです。

手のかけられたパーツ

細かな手作業で作られていく、質感たっぷりのお道具。
盛花といったお花も針で作って行く技法を取りますので、かなりの日数を要してしまうのです。

また、お姫様の丁寧な仕立てこそひなせいが人気である由縁なのです。
こんなもの作りを行っていく工房。

目指すところは、質感の追求

夏場の工房では、せっせとモノ作り。
年間の製作量は、たかが知れている製作量。

毎日現場では、質感と精度を保つようにと無理な数量の製作をしていないのです。
限られた数の生産で良いのです。数を求めてはいけないのです。

こんなスタンスの工房。
いつしかこのようなスタッフに助けられて、全国のご家族のご家庭に素敵なお雛様として飾って頂けるのを夢見て製作しているのです。

質感たっぷりの雛人形の千花奈雛。よそに類を見ないくらいの重厚感あふれる重みのあるお雛様となっているのです。

こんな個性的なお雛様になるのも、工房で企画されている雛人形だからなのです。