戻る > トップ > 雛人形一覧 >稀な雛人形 愛梨雛

a:325 t:1 y:0

質を追及した雛人形の殿姫ふたり

衣装が渋い殿姫ふたり

気品ある商品

稀なお雛様

殿姫ふたりのひな人形に、とことんまで質を追求したのがこちらの雛人形です。メインとなる雛人形はもちろんのこと、屏風の意匠、殿姫ふたりの衣裳、お道具類にいたるまで質にこだわって作りました。
質にふさわしく、高貴な人しか身に着けることが許されなかった紫を使いました。紫は古代、貝から採れる染料を使っていました。そののち、紫根と呼ばれる植物の根からとった染料が用いられるようになります。
高貴な人しか身に着けることが許されなかった深みのある紫を、お姫様に着せました。袖のところの重ねの色目も、クリームがかった白に少し色の薄い白を重ねているのですが、衿にもぜひご注目ください。

ピンクのファンデーションだから良い

稀な顔

美しい殿姫ふたり

高貴な表情

優しい表情

稀なタイプ

素敵な顔


凛々しいお顔です
表情が凛々しいお殿様。

素敵な殿様

上出来な殿

品質のよい出来栄え

丁寧な作り

稀な殿様

高貴なおとの様


渋めの殿姫ふたり

デザインのよい仕立て

オシャレなお雛さま

高級感のある衣装

魅力的な姫

上出来なお召し物

丁寧な作り


最高のグレード

モダンな衣装

こだわりの着物

キレイな色のお召し物

センスの良い衣装

素敵な殿姫ふたり

新作の御雛様

雛人形の質を見分けるポイントはいくつかあるのですが、そのうちの一つが、襟元です。袖のところにいくら色を重ねていても、襟元で色を省略してしまったり、裏地を省略してしまったりすることがあります。
表地と裏地の色にまでこだわっているか、また、それが襟元にまで反映しているかどうかは、いかに雛人形作成に手を抜いていないかのバロメーターにもなります。
また、お殿様の衣裳も、折り目のところで柄がきちんとあっているかどうか、襟元の色はどうかが雛人形の質を決めると言ってもよいでしょう。刺繍も同様ですが、染める技法にもこだわって作られています。

質感あるんです

お道具

愛梨の道具

豪華な雛飾り

日本ぽい花

美しいお道具

日本らしい風情

豪華な盛花

質を追求するために、お道具類にもこだわりました。きちんと仕上げられた塗りのお道具は、思わず手を伸ばして触ってみたくなるほどの出来栄えです。雛人形と並び、お道具も小さいお子さんにとっては、触ってみたいものですよね。
触ってみたらがっかり、と言うことのないように、雛遊びを実際にしていただくことも考えて雛人形を制作しています。



屏風

昔ながらの屏風

古民家調風のデザイン

綺麗なセンス

モダンな感性

日本らしい絵柄

独特な印象

殿姫ふたりの世界の質を追求した雛人形は、人気の一品です。雛人形との出逢いは一期一会、人生を通して持てる雛人形もたったのひとつ。気に入ったものに出会えたら、早めに手に入れることをおすすめします。
品質にこだわり、自社工房でひとつひとつ職人が気持ちを込めて制作している雛人形は、残念ながら量産はできません。雛の節句に間に合わなければ初節句は祝えませんので、お待ちいただくこともできません。