戻る > 雛人形のトップ > 質の良いお雛様

a:342 t:1 y:0

質の良い雛人形だから…

高級なお顔のひなせいの慶春雛。

こんな素敵なお顔を見たことがない。
そういう方が、多いようなのですね。

確かに、普及品のお顔と違い、若干の赤色のほほ紅を付けてるのです。
ですので、非常に表情がやしいお顔となっているのです。

女性のお化粧の感覚の発想と同じなのでしょうね。

実際に、評判はとっても宜しいです。
購入する方の皆様が、とっても喜んでくださっている人気で品質の高いお顔なのです。

しかも、冠のところにはクリスタルをお付けしていりますのでキラキラと華やかなのです。

思わず綺麗と言葉に出ちゃう!

ここまで、バランスをとった配色。
とってもエレガントなお衣装のお雛様。

ピンクをベースとして、多くの色合いを使わないことでとっても美しいデザインの
ひな人形を実現させているのです。

可愛らしさもあり、高級感もある刺繍を贅沢に施したお雛様なのです。
この微妙な配色バランスこそ、この質の高い慶春雛の特徴でもあるのです。

刺繍を施し、女性好みのデザインに

ですが、私も半信半疑でした!

ひなせいの若いスタッフが言いました。

私の考え方の中に、このようなお雛様は考えられませんでしたが、
ひな人形の季節にシーズンインしますと、あっという間に完売してしまったのです。

翌年からは、綺麗なデザインは若い女性の感覚を引き出すことにしました。

そんな質の高い慶春雛。

更に、質の高い技のテクノロジーが活かされていります。

綺麗に伸びたお雛様のライン

近年のお雛様の作りは、流れるようなラインがとっても重要。

ここのラインまで意識して製作しませんと、選ばれるお雛様とならないのです。

三人官女の三段飾りが売りにくくなった時代。
お殿様、お姫様の作りを最高級の質感で作っていい時代の幕開けなのでしょうね。