戻る > トップ > 雛人形一覧 >稀な雛人形 愛梨雛

a:523 t:2 y:1

稀な雛人形と言われる由縁は!

衣装が渋い雛人形
ひなせいの雛人形を見に来てくださる方は、口をそろえて「あったかい感じがする」「人工的でないお雛様」「なにかほかのところの雛人形と違う」とおっしゃってくれます。
実はこれはたいへん稀なこと。雛人形というのは、誰しもある程度決まったイメージをお持ちです。なので、どんな雛人形を見ても想定の範囲内なので、あまり驚かないのが普通です。
そんな稀なことが起きるのは、屏風の印象にあるようです。
お姫様の着物は裏地まで色を変え、襟元の合わせと色が違わないよう配慮されています。実際に平安時代に流行したかさねの色目を大切にしながら、現代的なアレンジも取り入れているため、たいへん色のきれいな雛人形になっています。

気品ある商品

稀なお雛様

ピンクのファンデーションだから良い

稀な顔

美しい雛人形

高貴な表情

優しい表情

稀なタイプ

素敵な顔


凛々しいお顔です
表情が凛々しいお殿様。

素敵な殿様

上出来な殿

品質のよい出来栄え

丁寧な作り

稀な殿様

高貴なおとの様


渋めの雛飾り

デザインのよい仕立て

オシャレなお雛さま

高級感のある衣装

魅力的な姫

上出来なお召し物

丁寧な作り


最高のグレード

モダンな衣装

こだわりの着物

キレイな色のお召し物

センスの良い衣装

素敵な雛飾り

新作の御雛様

質感あるんです

着物の質感や、表地と裏地の色の違いに注目することが良い雛人形を見つけるコツです。着物がペタッとなってしまっている雛人形はあまり丁寧に作られていないことが多く、長年飾っているうちにどうしても見劣りがしてしまうからです。
また、表地と裏地の色が、すその所では違っていても首元の合わせ部分で同じという商品も残念ながらあります。一生にひとつしか持たないお雛様を作っているひなせいでは、そういったことがないように自社制作で小さなところまでひとつひとつ大事に作成しています。

雛人形はお殿様とお姫様で一対です。衣裳のバランス、対になるモチーフを吟味します。お顔も優しい印象になるようピンクのファンデーションで仕上げ、暖かな屏風と贅沢な衣裳を両方とも引き立てるお顔です。

どこから見てもバランス良い雛人形は、実際に人形をもって雛遊びをする女の子たちに本物の美しさを教えてくれます。誰が見ても美しさにため息がでるような、そんな稀な雛人形です。

お道具

愛梨の道具
本金蒔絵(まきえ)、朱塗りの硯(すずり)箱。

豪華な雛飾り
和紙の部分が折れ曲がらないように内側に透明なフィルムを貼り合わせてあります

日本ぽい花
余りに製作工程が難しいので、量産されておりません。

美しいお道具
書物を書くため、見るための机です。

日本らしい風情
木製品の三本足の灯りの燭台。電池式です

豪華な盛花
盛花と言って、植木職人の手のかかるお花の形。



屏風

昔ながらの屏風

古民家調風のデザイン

綺麗なセンス

モダンな感性

日本らしい絵柄

独特な印象

ひなせいの屏風は、古民家調でデザインされています。古民家調とは、ちょうど京都の町屋のような、伝統と温かみ、自然の恵みを感じさせてくれるデザインのことです。
古民家調を採用しているのは、日本では当社だけ。そのため、「なにかほかのところの雛人形と違う」という印象が生まれるのでしょう。
そんな温かい雰囲気の中に鎮座するお雛様は、実際に雛遊びをしていただけるよう、また、お子さんが触って遊ぶときに本物の伝統と芸術を感じていただくために、細部まで作りこんであります。

雛人形一覧ページを見る

選ばれる理由

まずはカタログを
まずはカタログを手に取り、ご覧になってはいかがでしょうか?
今なら無料でお送りしております。

無料カタログ資料請求