戻る > トップ > 雛人形一覧 >美的な雛人形 綾美雛

a:247 t:1 y:1

気になっちゃう雛人形の殿姫二人

美的なお雛様

殿姫二人のひな人形

素敵なデザイン

雛人形にはたくさんの種類があります。内覧会やカタログなどで見比べる方がほとんどだと思います。その中で、「なんだか気になって…」「正統派じゃないのに…」と言う気持ちに襲われることがあるそうです。
殿姫二人の雛人形は、着物と屏風にすべての個性が集約されると言っても過言ではありません。全体の雰囲気もそうですが、パッと見たときに「おや?」という心への引っ掛かりを残すものほど、あとからしげしげと見に来られる方がいます。
殿さまは黒、姫様は赤、という昔ながらの色遣いを雛人形に期待していらした方は、ひなせいの殿姫二人の雛人形を見て、「おや?」という第一印象を抱く方も多いようです。オーソドックスではない殿姫二人もいるからかと思います。

ピンクのファンデーションだから良い

優しいひな人形

殿姫のひな人形

親王飾り

素敵なデザイン

華やかさが違う

殿姫二人で上品


表情がいい殿様

美的デザインにこだわる

トレンドの顔

オシャレなデザイン

薦めの殿様


綺麗な衣装

衣装

味わい深い美的な着物

おすすめの一品

限定生産の殿姫二人

美しさを追求

流行りの色

人気がある

気品を感じる

上品な色合い



雛人形の色遣いは、職人との綿密な打ち合わせの結果、決まります。伝統的なものばかりではなく、流行を取り入れたり新しいものを入れてみたりしています。配色を決めたり、実際に重ねてみてのバランスを確認したり、着せてみて色の出し方を確認したり…雛人形の職人にはかなりの美的センスが必要とされます。

美しい着物

細部までこだわり

小さな所も手を抜かない

うっとりする色彩

気品にあふれる雛人形

人気の殿様

美しい色

見えない所もしっかりと

可愛いらしい

ひなせいの職人は女性が中心です。雛人形作りは専門的な技能を必要とするため、分業制になっていますが、女性ならではの色彩感覚や配色バランスの試行錯誤を繰り返し、美しい雛人形を作ろうと日々努力しています。
雛人形の着物は、平安時代の十二単(じゅうにひとえ)です。たくさんの色を重ねて一つの作品となるこの衣裳は、ほんの一枚の色みが違っても理想通りには行きません。「これだ!」と思った色合いが手に入るまで、材料探しを続けます。

道具

慶春の前飾り

豪華な雛飾り

日本ぽい花

美しい道具

日本らしいひな祭り

豪華な盛花


春かすみの屏風

古民家調で素敵

とても綺麗な雛人形


ピンクの屏風

キラキラポログラム

ステキな色合いな雛人形

お人形が映えます

一番の難所でもある布探しですが、平安の昔も、女性は自分を一番きれいに見せ、誰よりも美しく季節感を出すために一生懸命美しい布を探したに違いありません。その気持ちは現代になっても変わりはありません。
そのように作られた衣装が、「正統派じゃないようなんだけど…」とお客様の足を止めさせ、「なんだか気になって…」という出逢いを生みます。職人冥利に尽きる出逢いです。
伝統を踏まえ、本当に美しい雛人形を作ろうとする職人による渾身の配色をお楽しみください。

商品詳細

商品名 : 綾美雛

タイプ : 2人タイプ

価格 : 176,000円(税込み)

サイズ : 間口75cm × 奥行き45cm × 高さ44.5cm

付属品 : つるし雛、被布着、オルゴール、毛せん、はたき

 : 桐箱


※掲載内容につきまして
お写真とは、多少 柄の出方が違う場合がございます。