戻る > 雛人形のトップ > お着物が正絹

正絹で作られた雛人形をご紹介

a:341 t:1 y:0

お殿様の豪華で高級な衣裳

高級な正絹の衣装で仕立てた雛人形。薄い青色ベースの正絹のお殿様の衣装。
この青色ベースに更に金彩と言う金色の加工の処理を手作業で描いているのです。

その処理をしてから、お雛様に仕立てているのです。ですので、手間が違うのです。

お殿様の斜め後ろからの写真です。この豪華な金彩の処理を感じられます。
高級なひな人形こそ、このような処理をしてからお雛様に仕上げていくので、高級感が違うのです。

そして、どしっしりとした正絹のお殿様の形も抜群に綺麗なのです。

良いお雛様って、どの角度から見ても綺麗な形。この形も様々あるのです。

お姫様の綺麗な形と豪華な衣裳

とっても素敵なお顔って言われてます。

正絹の着物で着せつけられたお雛様。

こんな味わい深い色合いのお姫様ならとても楽しいひな祭りを過ごせるのでは無いのでしょうか…?

特にこの紅色の近い赤色にこだわりました。
この色こそが、一番綺麗な赤で人気があるのです。

見えない所まで手をかける

姫の後ろまで丁寧な作りを実現。最後の最後まで手を抜かずに形を出すことにこだりました。

丁寧な正絹の作品を一つづつ作る。それが、ひな祭りを楽しむ方へのひなせいの気持ちなのです。
こんな素敵なお雛さまで、これからずっとひな祭りでの想い出を築いていってもらいたいのです。

白い布の下まで、綺麗な作りをしております。見えない所だからといって手抜きはしないのです。