戻る > 雛人形のトップ > 本物志向

本物志向の雛人形が好きなんです。

a:285 t:1 y:0

本物のお雛様を探しているようでしたら、こちらがおすすめです。
お殿様は、綺麗な瞳のお殿様。そして、豪華な金彩という技法を使い金色の模様をつけております。

この金彩加工という技法は、今の時代でも職人の手で一つづつ描かれているのです。

どこから見ても綺麗な技法

正面から綺麗であっても、横から見ると貧弱だったら残念ですよね。

お殿様の後ろまで贅沢に仕立てております。
この仕立ても雛人形業界の最高グレードの本物の仕上げの技法を使っております。

いろんな角度から本物のお殿様をご覧になってください。

お姫様の綺麗な形と豪華な衣裳

とっても素敵なお顔って言われてます。

とっても風合いがある紅色のお雛様。とっても重厚感があり何とも言えない味わいです。
ちょっと明るすぎる赤を控えました。どちらかと言うと濃い赤を採用。
ですので、落ち着きある上品なお雛様となっております。

見えない所まで手をかける

お雛様が素敵に見えるのも、お姫様の細部まで丁寧な作りをしているのです。
本物の着物であるようにと、形まで綺麗にこだわっているのです。

この技法こそ、本物のひな人形には大切なのです。

雛人形の良し悪しは、形作りまで来ているのです。

「顔と衣装+ …」ここまで質が上がっているのです。