トップ > 雛人形一覧 > 親王飾り > 弥生(黄)雛

a:2333 t:2 y:3

yayoi1200

真多呂人形 弥生(黄)雛
春の花を思わせる伝統的な木目込みの雛人形です。
上加茂神社が唯一認めた「真多呂人形」という雛人形です。

yayoi

yayoi1

魔よけの色とされた朱色(神社の鳥居などにもよく使われています)と、
春の花を思わせるおだやかな黄色を用いた、大変落ち着いた春らしい風情のかわいい雛人形です。

yayoihime

yayoihime1


yayoihime2


yayoitono

yayoiyono1

yayoitono2



木目込み雛人形とは、桐の粉で作られた素地に布を一枚ずつ丁寧にはめ込んでいく(これを木目込みと言います)用法で作られた雛人形です。
ふっくらと綿が入っているように見えるシルエットですが、触っていただくと柔らかくないことにびっくりされる方も多いようです。
しっかりと乾燥させて作られた生地と、丁寧に作られた雛人形は時を超えても古びることがありません。

hime1

hime2

hime3

hime7

hime4

hime5

hime6



雛人形は1年や2年で終わるものではありません。
ずっと飾っていただけるよう、時代を超えて楽しめるものをこれからも提供していきたいと思っています。
木目込み人形は古いものですと約270年前のものが現存しています。
人形本体が木でできていますので、博物館に所蔵されているような木目込み人形でもかなり良い状態で保存されています。
時を超える贈り物をお子様に残したい方におすすめの雛人形です。

tono1

tono2

tono3

tono4

tono5


可愛いお道具

dougu1
紅白の梅も丸みを帯びたシルエットで全体の雰囲気を引き立てます。
dougu2

dougu3
丸みを帯びたシルエットの可愛いお道具を添えています。
dougu4
伝統ある真多呂人形であると証明する飾り札も添えています。



平安時代の様子を忍ばせる雛人形ですので、お飾りには平安時代の花嫁道具として貝桶を、明かりは高灯台をお付けしました。

貝はぴたりとはまるものが一対しかないことから、夫婦和合のモチーフとして大変喜ばれたお道具でした。
「貝合わせ」という遊びは、今のトランプの「神経衰弱」のような感じで、裏に絵が描いてある貝でぴたりとはまるものを当てる、という遊びだったと伝えられています。


屏風

byoubu
木板に木目のフィルムを貼り仕上げてあります。

byoubu1
雛人形の後ろに明るい色目の屏風になるよう、バランスを計算された大屏風です。

byoubu2
満開の桜を散らしました。
桜は日本の精神美をあらわす花言葉で知られています。

真多呂人形のかわいいシルエットをさらに引き立ててくれる台屏風です。
コンセント等の必要はありませんので、好きな場所に飾っていただけます。

『こんな方におすすめです』
「雛人形は時間を超える贈り物であってほしいとお考えの方」
「由緒正しい伝統工芸品の雛人形をお探しの方」
「かわいい木目込み人形をお探しの方」



つるし雛

ひなせいで雛人形を
購入すると付いてくるサービスは、
こちらをクリック


商品詳細

商品名 : 木目込み弥生(黄)雛

タイプ : 二人タイプ

価 格 : 110,000円(税込み)

サイズ : 間口60cm×奥行き28cm×高さ30cm

付属品 : 被布着、オルゴール、毛せん、はたき

人形収納 : 化粧箱



※掲載内容につきまして
お写真とは、多少 柄の出方が違う場合がございます。



ご購入はこちらのボタンから

名前旗
お雛様と一緒にご用意する方が増えております。
旦那さん側からの贈り物としても最適です。
納品までに十日前後かかります。ご注文はお早めに


衣装着と木目込み1
衣装着と木目込み2
衣装着と木目込み3


ひなせいが選ばれる6つの理由
ひなせいの雛人形が、他と違う理由

色彩バランスの画像
最近の雛人形には、色的なデザインセンスが必要なのです。
そんなデザインを作り出すには、感性が必要。

天然の材の木々
天然の材を使い、古民家調のひな人形の味付けを…
雛人形業界、唯一のテイスト作り!その製作が始まった理由

選び方をクリック
購入前に必見!お雛様の選び方を解説!
全部で、8ページの構成になっております。

ベストな購入時期
知っとくと便利。雛人形の購入時期!
夏場からのせっせとしたモノ作り。発売開始が最大ボリューム

こんなに沢山のお客様の声
えっ!こんなに沢山の方が購入しているの?
全部は、見切れないボリュームのお客様の声

ひなせいが伝えたいこと
数多くのページを作って色々見て頂きましたが、
ひなせいの青木健明が心の底から、想う事。



雛人形をご提供する前に、
お伝えしたいこと。それは・・・

以下の動画をぜひご覧下さい。↓