戻る > 雛人形のトップ > 高い技術を、直接

雛人形の技術ある裏付け

a:269 t:1 y:0

ひな人形とは、布選びから始まっていくのです。その布を今度は裁断していくのです。 

この繰り返しの工程を何度も踏みながら進めていくのです。

布を選び出し、裁断(さいだん)

技術の高いお雛様作りのひなせいの工房。
そこでは、工具が職人の命なのです。これこそ、とても高度な技術を形付けるのに必要なのです

裁断が終わると針の縫製作業に入っていくのです。

熟練の縫いあげる職人の手

各々別れた工程部門。裁断から縫製という縫い上げる作業に入っていくのです。

最近では、1mm単位の調整をしておりますので、
裁断と縫い上げ(縫製)は、お雛様の形に影響していきますので、非常に気を使う部門でもあるのです。
いくつもにも及ぶこの作業から徐々にお雛様という形になっていくのです。

チームワークの作業

お姫様が左右対称となっているのか?それが出来る技術の伝達こそ、組織の力となっていくのです。
このバトンが、当社の財産の蓄積なのです。

技術を伝達

雛人形の細かな作業を経てから、お顔を指して雛人形にこころを込めていくのです。
工房では、この作業の繰り返し。

スタッフと共に・・・

一人でやることよりも、組織で行えること。
その人数を増やしていくこと。その高い匠の技の伝達こそ時間がかかるのです。

ですが、ここに時間を掛けていくのです。ここを進めていくのです。
これが、近い将来組織の個の力となるのです。

高い技術のモノ作り

さりげなく置かれたお雛様この工程を経て、高級で上品なお雛様という形になって
ご家庭のひな祭りを華やかにしてくれるのです。