戻る > 雛人形のトップ > 丁寧さが命

 丁寧な作りの雛人形を求めました。

a:1000 t:2 y:2

丁寧に作り込む

職人の技


皆が喜んでくれるには、丁寧な質の良い雛人形を作り込みます。

その分、多くの数は出来ないのでしょうが、それで良いのです。
少し解っていただける人がいるだけで…

そんな考えの下からの製作のスタート。

数多くを作ることよりも、丁寧に多くの数を作らない。
そう工房では、言い聞かせているのです。

数多くはできないけど

丁寧に

確かに、私が若かりし頃は数を求めた製作を試みたことがありました。
来る日も来る日も製造に追われて・・・

家に帰ることすら殆ど出来ない状況もありました。

しかし、お雛様の販売も終わろうとしてた頃の季節に、
お客様より雛人形の前で、赤ちゃんを大事に抱えるお母さんのお写真のお便りが届きました。

そこには、
「お雛様を毎年飾ってお祝いして、娘の幸せ成長を楽しんでいきます。」
と書かれてありました。

私の提供するものは、お嬢さんの成長と毎年の楽しいひな祭り。

多くの数を求める。少ないが丁寧な作りを求める。
自分の心の中で揺れ動いていたものが、はっきり見えたのです。

確かに、人気で売れ筋の雛人形のサイズはコンパクト化、人数は少なめの時代に入ってきました。

だからこそ、こんな時代には小さくても丁寧な作りのお雛様を時代が求めているのです。

ひなせいも、ほんの少しづつ時代ともに変化していきます。
そして、お便りを下さったお客様に感謝です。

雛人形一覧を見る