戻る > トップ > 雛人形一覧 > ニューデザインの菜月雛

a:356 t:1 y:0

ニューデザインの古民家調の雛人形

小さな可愛い雛人形

菜月雛

コンパクトな菜月雛


人気の古民家調のお雛様に、ニューデザインができました。古来から日本の式典の伝統的な色である白を基調にした、他に類似品を見ない雛人形です。
ひなせいの飾り台は、木の温かみを大事にした、古都京都の町屋のようなつくりの「古民家調」です。木は、地元静岡の大井川の恵みを受けて育った国産の杉材を使っています。
白と紫を基調として組み合わされている衣裳は、日本の伝統的な式典の色から取りました。白は「穢れを払う」という意味があり、平安時代の貴族の出産に立ち会う女性たちは全員白一色になるという風習がありました。

コンパクトな雛人形

可愛いく上品


お顔が綺麗なお姫様

ピンクのファンデーション!だから、表情が優しい。

ピンクのファンデーションで優しい

ピンクのファンデーションが塗ってあるので、表情がとても優しく柔らかな感じです。

更に!
かんむりにはクリスタルが使われており、高級感が違います。

小さな可愛いく上品なひな人形

気品ある雛人形

ピンクのファンデーション付き

優しいひな人形

表情が優しい

コンパクトで素敵


凛々しいニューデザインの顔
表情が凛々しいお殿様。

モダンなひな人形

優しいひあな飾り

小さめでも綺麗な作り

表情がいい

表情が凛々しい

顔がキレイ


ちっちゃく可愛い

上品な色バランス

綺麗なニューデザインの衣装

小さな素敵な柄

小さな可愛いこだわりの雛人形

細部までこだわる

小さな見えない所もしっかりと

ニューデザインでも手を抜かない


クオリティーの高い殿様

紫の柄が素敵な雛人形

上品な殿様

どこから見てもかっこいい

小さいけど良い雛様

柄にこだわるお雛様

小さくても後ろ姿も綺麗

お産は今も昔も命がけです。特に、医学が発達していなかった平安時代にはお産でなくなる人も多く、その災厄をはらえるようにという意味もあったということです。
今でも、神社においては正式な神事の衣装は白です。平安後期から仏教の繁栄とともに、白は喪の意味を表すようになりましたが、雛人形が始まった平安当時は白といえば、神々しい神事か、災厄が降りかからないように穢れを払う色として特別な時にだけ用いられてきました。
また、紫は大変染料としても貴重だったため、限られた身分の高い人しか身に着けることを許されなかった色でもあります。聖徳太子の定めた冠位十二階においては、紫は一番位の高い、「大徳」しか身に着けることを許されませんでした。

可愛いお道具

丁寧なつくりの道具

ニューデザインの高級感のある道具

趣のある道具

美しい道具

小さい華かなお雛様

小さいがクオリティーの高い道具

屏風

高級な台屏風全体


美しい絵のお雛様

綺麗な絵の屏風

小さくて希少な雛飾り

豪華な屏風

雛人形は日本の伝統文化です。時代が経つにつれ、服の色は鮮やかになり、原色に近くなった時代を経て現代はパステルカラーの雛人形も人気になりました。その中であえて色彩文化の一番根源であった平安時代以前の色目に注目した時、一番神々しい組み合わせとして白と紫の組み合わせが誕生しました。
温故知新という言葉がありますが、一番昔に帰るとニューデザインと呼ばれる面白い一例です。温かみのある古民家調に、ニューデザインの雛人形を配したシリーズは、「他の方とは違うものを持たせたい」「伝統的かつ格式の高いお雛様を持たせたい」とおっしゃってくださる方に人気のシリーズです。


収納できます

コンパクトで、しかもすっきりしまえる!
ひなせいの「しまえるコンパクトシリーズ」は一般的な2人組の雛人形と比べて、
小さなつくりになっています。

都心部などマンション暮らしの方にも本格的な雛祭りを通して、
子供の幸せを最大限に感じてほしい、という想いから開発を続けついに私達の想いがカタチになりました。
しかも台座になっている箱にしまうことが出来るため、
常に収納に困っているマンション暮らしの方にはもってこいです。


商品詳細

商品名 : 菜月(なつき)雛

タイプ : 収納タイプ

価格 : 180,000円(税込み)

サイズ : 間口53cm × 奥行き42cm × 高さ56cm

付属品 : つるし雛、被布着、オルゴール、毛せん、はたき

 : お雛様の台の中に入れて収納して頂けます。


※掲載内容につきまして
お写真とは、多少 柄の出方が違う場合がございます。