戻る > トップ > 雛人形の選び方 > サイズでの選び方
a:10659 t:1 y:6

雛人形業界におけるサイズ的な特徴を知るには・・・?

雛人形業界は、古くからある日本の業界です。
ですので、表記や企画がcmではなく、尺(しゃく)と言いまして、昔の日本の長さの単位の寸法をよく使っております。

専門的な寸法となりますので難しい説明は割愛しますが、簡単には1尺=30cmと覚えてくだされば宜しいかと…。
全ての企画が、この30cmから考え出されているのです。

  30cmの2倍が 60cm(2尺)
     3倍が 90cm(3尺)
     4倍が 120cm(4尺)
     6倍が 180cm(6尺)

ちなみに、畳や襖は 90cm × 180cm。

この元々の基本的なサイズがありまして、今の時代のcm寸法とニーズによって今の時代の大きさが現れてきているのです。

ですので、一昔前はセットの横幅サイズが120cm、105cm、90cmでした。

今は、これより小さくなりまして
横幅が80cm、75cm、60cmというサイズが主流。

近年人気
2017年現在では、雛人形の人気サイズは地域性もございますが

全国的には75cmサイズ

余り小さすぎても、雛人形自体がウンと小さくなってしまうので、75cm程度のサイズで落ち着いているようです。

このサイズに対して5人飾り。殿姫二人のタイプの選択となってきます。

家具のサイドボードの奥行きは45cmですよね。
殿姫の二人タイプでは、なるべく奥行きを45cm以上にしないように努力していきます。
30cmの1.5倍の45cmの企画なのです。
二人の雛人形は、サイドボードの上に飾りたいものなので、この45cm以下の奥行きのセットとなります。

一方、3段飾りの5人タイプは、奥行きや高さもある程度出ますし、あまり高いところに飾って不安となっても困りものですよね。
要するにどっしりと飾りたいのが3段飾りなのです。

ちょっとした豆知識ですが、3段飾りのサイズイメージは、横幅、奥行き、高さは殆ど同じ寸法になりやすいと思ってください。

横幅が、1mでしたら、奥行きも1m、高さも1m。
横幅が、75cmでしたら、奥行きも75cm、高さも75cmとお考えくださいませ。

そうすると、安定してどっしりと飾れますね。

具体的には、もう少しサイズが変わってきますが、選び方の参考的なサイズ数値として覚えておいてください。

以下をクリックしますと、もっと細かな説明のページに飛んでいきます


時間的に余裕のある方、ご興味のある方は
雛人形を購入前にぜひ、お役立ち情報としてご覧ください。

お役立ち情報

&show(): File not found: "hinaninngyouitirannmiru.jpg" at page "雛人形業界におけるサイズ的な特徴を知るには・・・?";