戻る > トップ > 雛人形の専門店の特徴

a:650 t:1 y:2

雛人形を購入なら専門店でどうぞ

赤ちゃんが生まれて、嬉しい。そして、春の到来のお祭りのひな祭りがとっても楽しみ・・・。
早く、娘の雛人形をどんなのにしようか?ワクワクしている時期ではありませんか?
ですが、秋までは雛人形専門店屋さんには雛人形が並んでおりませんし、シャッターだって閉められているお店もあるくらいですよね。

そんなに購買頻度が高くないお雛様ですので、実際に販売しているところを探すのだって一苦労の地域もあるくらいなのです。

比較出来る位のお店が複数あればいいのですが、お子さんがわんさか生まれる時代でもありませんので、ひな人形屋さんは減る一方なのです。

これからの時代は…

そんな中、雛人形工房を持ちつつインターネットの通販サイトを並行して所有、運用している専門店が、魅力的な時代に推移していくのではないのでしょうか?

雛人形を夏場作りつつ、インターネットで雛人形を紹介していく。新しい形の雛人形の販売体系なのでしょうね。
今までは、雛人形職人から浅草などの雛人形の有名問屋、雛人形の販売専門店そして、一般の消費者の所へお雛様が届いていたのです。

雛人形職人 ⇒ 雛人形問屋 ⇒ 雛人形専門店   ⇒ 一般の消費者

雛人形職人         ⇒ 雛人形専門店   ⇒ 一般の消費者

上の図式のパターンが、インターネットの出現で下のパターンの流通が可能となるのです。

雛人形職人 ⇒ インターネットで紹介・販売の活動 ⇒ 一般の消費者

この業態が、これからの時代どの業界でも進んでいくと思います。中抜きと言って中間業者がいなくなる分、お値段的にお安く購入できるか?もしくは、技術の高い雛人形を手に入れれるという事になりますよね。特に、お花や雪洞、お道具は手の込んだ部品、パーツになりやすいですよね。

ただし、雛人形職人はインターネットのホームページを所有する。購入したいであろう一般の消費者への情報発信という宣伝活動を知らなければいけないのです。

作る職人であって、しかも知識情報社会への対応を出来るか?出来ないのか?ひな人形を作れるだけでは、時代から取り残されて行ってしまうのです。

ですが…

ですが、それも出来る会社、職人、その組織でないと、次の時代に歩んでいくのは難しいでしょうね。皆さんから見て、より良くする。なる。には、今までの価値観、やり方を超えたもっと強固な仕組みの変革がどこの事業所でも必要になって来ているのです。

そんな時代の流れの中で、お雛様の選択をしていけば宜しいかと思いますね!
素敵な雛人形を見出してくださいね。