a:2754 t:1 y:2

10.8万円以下のお雛様(雛飾り)のラインナップ

●この価格帯の雛飾りのタイプ
飾る場所を選ばないひな人形を集めました。
箪笥の上のスペースや小さな台の上などにも飾れるタイプの 雛飾り です。
もちろん、床の上に置いて飾れるタイプもございます。
台の上に置いて目線の高さで楽しめるタイプや、床に飾ることによって小さなお子様の目線で楽しめるものなど、さまざまなラインナップがそろっています。

小ぶりでかわいらしいので、2人目のお子様のためにご用意されたり、ホコリやペットの毛が付着する心配のないことからガラスケースのひな人形も人気です。
ガラスケースのものでは、特に開け閉めできるタイプのものがあり、お殿様やお姫様を取り出して雛遊びができるタイプもあります。
お道具等は作り付けになっておりますのでご注意ください。

古式ゆかしい立ち雛もご紹介しています。
今は座り雛が一般的ですが、もともとの「穢れをはらう人形(形代=かたしろ)」というルーツを考えると立ち雛が一番基本の形です。

雛飾りのかがやき雛

柿葉

若桜

雛飾りの春日

風香

ガラスの雛飾りの春日

ガラスケース風香

さらの茶
ワイン塗り収納タイプ
さらの紺
【限定品】ワイン塗り収納タイプ
雛飾りの三笠

京極

こい
こい雛
楓 ふう

雛飾りの春風

怜華

雛飾りの小町(黄)

小町(紫)

らん

桃奈

春風ガラス

ガラスの三笠

立雛のかな

雛飾りの立雛えみ

はな
はな
木目込み 瑞希



●雛飾りの選び方
目線で選ぶときは、「高さ」にご注目ください。
コンパクトな雛飾りのでも、収納タイプ・コンパクトタイプのものを選ぶとかなりの高さが出ることがあります。
ひなせいオリジナルのものは、収納箱を唯の収納箱としてとらえず、大事なひな人形の一部だとしておつくりしています。

収納タイプの60㎝と言いますと、床に置いた場合2歳くらいの平均的なお子さんの肩くらいの位置になります。
高い棚の上に飾る予定の場合は平飾りを、低い棚の上に飾る予定の場合は収納飾りを選ぶとちょうどお子さんが一番雛遊びをしたがる時期に視界に入る形になると思われます。

祖父母の方がお孫さんへの贈り物として雛飾りを選ぶ場合は、まず飾る場所・しまう場所等を確かめていただくことをおすすめしています。
コンパクトといっても折りたたむわけにはいきませんので、ガラスケースや収納箱タイプなど、できるだけ1つにまとまるタイプのものをご用意しています。

コンパクトな雛飾りは、飾るときにどちらをどちらに配置すればいいのかわからなくならないので若い方にも喜ばれています。


●コンパクトな中に最適なバランスを
小さな雛飾りになるほど作成は難しくなります。
それは、大きなものと比べて全体的なバランスを取りにくいということが原因の一つとしてあげられるからです。

お姫様のお着物の布がよい例です。
重ねる枚数、布の厚みを変えない場合、普通に着せ掛けたらお顔の大きさに対してずいぶん盛り上がったお着物に見えてしまうでしょう。
ですが、そこで布を薄くしたり枚数を減らしたりすることは「チープに見える」ことにつながってしまうのです。

枚数や布の質感を変えずに、いかにバランスよく、どこから見ても美しい三角形を描くようにお雛様を魅せるかということは、職人の腕一つによるものです。
1年をかけて作り上げていくお雛様は、コンパクトな中にも最適なバランスを追求するため、何度も厳しいチェックが行われます。

女性は自分に贈られたお雛様を大変大事にする方が多いです。
お嫁に行くときに一緒に連れていく方もいるほどです。
そんなに大事にしていただくものは、ぜひともいつの世までも美しさを感じるものであってほしい。
ひなせいはそう考えています。


●ひなせいの想い
雛飾りはお部屋に春を連れてきてくれる、日本の古き良き伝統のひとつです。
親が子を、祖父母がお孫さんを大事に思う日本人の心の表れでもあります。

七段飾りが連れてくるのが、春爛漫の空気だとすれば、コンパクトな雛飾りが連れてきてくれるのは優しいそよ風です。
小さい中に職人の粋を結集した雛飾りを、今年もご用意できてうれしく思っています。