戻る > トップ > 雛人形一覧 > 栄華雛

a:5951 t:5 y:5
ありがとうございます。こちらは完売しました。

行きついたのは、シックな雛人形 栄華雛

シックなお雛様
一生持っていられる雛人形とは、どんなものだろう。
そう考えて行きついたのが、シックなひな人形でした。
一生飾るにふさわしい豪華さの中のシックな華やかさを追求していきついたのが、栄華雛です。

シックな華やかさ

一生飾るにふさわしい

一昔前は、結婚すると女の子の厄除けであるお雛様の役目は終わり。
といわれていた地域が多いようです。
現在は、多地域の文化が混ざり合い、
「結婚後もお雛様は持って行って、引き続き厄除けをしてもらうもの」という流れが主流です。
結婚後、嫁ぎ先にもっていって飾る地域もありますし、ご両親が実家で飾る地域もあります。
もちろん、嫁いだら役目は終わりとして奉納する地域もあります。


顔が綺麗な姫様

ピンクのファンデーションだから良い

上品な雛様

気品な雛人形

素敵なひな人形

高貴なお雛様

味わいのあるお雛様

豪華で綺麗な姫


表情が凛々しいお殿様。

魅力的な殿
お顔を仕上げてあるピンクのファンデーションは、
実はシックな色ほどお顔をあでやかに、優しく見せる効果があります。

トレンドの殿さま

モダンな雛人形

美しい殿様

流行りでしょうが色彩がキレイ

味わいのある殿様

良い殿さま



シックなお衣裳

葡萄茶の着物
人形:おおよそ横34㎝×奥行27㎝×高さ16㎝の大きさとなっております。

落ち着いた色合い
落ち着いた色合いの重ね
裳裾にもご注目
後ろに長く引いた裳裾にもご注目ください。
日本独自の色合い
年月が経っても決して古びない日本独自の色合いを採用しました。
優美な印象

[えび茶]のきもの
葡萄茶は[えび茶]とも呼ばれました。
大人の美しさ
大正時代の教養ある女学生の着物として好まれました。
教養あふれる
大人のシックな美しさを引き出しています。
うつくしい衣装



葡萄茶のお着物に桜を配し、優美な中にも教養あふれる感じに仕上げました。
そのため、シックな着物がお顔に映え、匂い立つような大人の美しさの雛人形になっております。
いくつになっても褪せることのない、大人の美しさを寿ぎます。


衣装がステキなお殿様

香の組み合わせ

源氏香の模様

顔に映える着物

桜をあしらう
桜の間にところどころにあしらわれている文様は、源氏香といいます。
見ていて飽きない

金箔を使う召し物

あでやかさを持つ
金箔が使われたお着物はシックな中にもあでやかさを持って春のお節句をいろどります。
しっく
平安貴族達は「香合わせ」という香当ての遊びに多くこの文様を用いました。
生命力のある殿様
香の組み合わせを文様にしたもの

屏風にもあしらわれている松の緑を中に重ねることによって、
シックな中にも若々しさと生命力のあるお殿様を表現しました。


可愛らしいお道具

素敵なお雛様
溜塗の技法のお道具です。

上品な道具
桜の柄が可愛らしさを演出します。

日本ぽい飾り
昔ながらの四角の井垣を、すだれ状にした井垣

きれいな雛飾り
桜よりも早く咲くお花の梅。紅白の色柄の紅白梅なのです。

高級感のある道具
落ち着いた高級感のあるお道具

上出来な雛人形道具

落ち着くひなかざり
黒塗りベースの落ち着いたぼんぼりで春の到来を待っております

便利な雪洞
電池式のスイッチオンオフの灯り。



屏風

青海波に松
青海波に松の文様をあしらった屏風に仕上げています。

穏やかな毎日が続くように

気持ちを込める文様
青海波は、どこまでも続く大海原のように、穏やかな毎日がいつまでも続く気持ちを込められた文様です。

長寿を表す松

木目が美しい
長寿を表す松を描き出すことで、この先もずっとずっと続く穏やかな毎日を
幸せに暮らせますようにという願いを込めました。



古民家調の木目はそれだけでも美しいのですが、屏風を配し、雛人形を飾ると、あたかも一枚の絵のように収まります。

【こんな方にオススメです】
[check]「雛人形を一生ものにしたいとお考えの方。」
[check]「大人になってから、自分用の雛人形が欲しいとお考えの方。」
[check]「ありふれていないお雛様をお探しの方。」
[check]「せっかくの雛人形は一生持っていてほしいとお考えの方。」



商品詳細

商品名 : 栄華雛

タイプ : 2人タイプ

価格 : 155,000円(税込み)

サイズ : 間口75cm × 奥行き45cm × 高さ44.5cm

付属品 :被布着、オルゴール、毛せん、はたき

 : 収納箱


※掲載内容につきまして
お写真とは、多少 柄の出方が違う場合がございます。


雛人形一覧ページを見る

選ばれる理由

まずはカタログを
まずはカタログを手に取り、ご覧になってはいかがでしょうか?
今なら無料でお送りしております。

無料カタログ資料請求